FC2ブログ

- まつげエクステンションの技術者が教える納得商材

まつげエクステの仮毛の選び方

ここではエクステンションの仮毛の太さとカールの選び方についてお話しします。



下の画像は商材ショップの
フーラストアさんのHPよりお借りしたイメージ画像です。




各イラストは目を横からみたものですね。

ただし目の形は個人差があるので、すべての人がイラストの様には仕上がりませんが
あくまでも仮毛のイメージとして捉えてくださいね。


仮毛の扱いやすさでいうと、カールが弱い方がつかみやすく付けやすいです。


太さはナチュラルさを重視するなら0.15mmまで、
それ以上になると装着し立てはいいけど、
エクステが減ったときに自まつげとの差が出てしまい、
他人から見るとかっこ悪く見えることにもなるので
まめにエクステの仮毛を足すことができる方向けです。

利点は太い方が少ない本数でも濃く見えます




カールの強さは好みが一番反映されやすいところです。

  目を真正面から見てください。正面からまつげの根元は見えますか?
  
 ★蒙古ひだがかぶり気味だったり、逆まつげ、根元にかぶる厚いまぶたの場合
  
   まつげの角度が下向きがちになるのでカールが出やすいように
   Cカール以上の強さがおすすめです。
   ナチュラルがお好みならばJカール以下でOK。

【フーラ】プレミアムミンクタッチ シート Jカール 10mm×0.15mm



 

【フーラ】プレミアムミンクタッチ シート Jカール 11mm×0.15mm






 ★まつげの根元が正面から見える場合

   仕上がりはイラストにより近くなります。
   自然に見せるならJカール以下、
   しっかりパッチリ見せたいならCカール以上がおすすめ。

【フーラ】プレミアムミンクタッチ シート Cカール 10mm×0.15mm





【フーラ】プレミアムミンクタッチ シート Cカール 11mm×0.15mm




   
   
どの仮毛にも共通点として、同じ長さでもカールが強くなればなるほど
仮毛の長さは短く見えるようになります


 <例>
  Jカールなら11mmを選ぶ場合、Cカールを選ぶなら1mm長い12mmを使うと
  Jカールの11mmとCカールの12mmは同じくらいの長さに見えます。




また、1種類だけの長さを使うと非常に不自然な仕上がりになりますので
目頭側は短めを付けます。

例えば、8mm・9mm・10mmというように
グラデーションをつけることで自然に見せることができます。

まつげエクステ【新プラチナセーブルMIX】☆圧倒的柔らかさ☆地毛と見間違える艶感☆軽くて長持ち05P06may13

価格:5,775円
(2013/6/16 06:49時点)






いかがでしたか?


本当に基本の仮毛の選び方を簡単にまとめました。
まだまだ奥深いですけれど、今回はここまでです。



最後までお読みいただきありがとうございました♪



↓記事が面白かったらぜひクリックしお願い致します↓
にほんブログ村 美容ブログ まつげエクステへ
にほんブログ村   
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村   
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



まつげエクステンションの毛の基本

さて、今回はコレがなくてはまつ毛エクステンションは始まらない
前回にチラッと軽く呼び名だけ書きました、
"仮毛"について書いてゆきます。



仮毛はプロの技術者の勉強でも習います。

もしもあなたがサロンへ行って、

「仮毛の種類見せてくださ~い

なんて言おうものなら
技術者はたちまち、

「ど、同業の方ですかぁ~?

と、動揺することでしょう(笑)






そんな余談は置いといて、、、
仮毛の種類はたくさんあります。


まずきちんと1本タイプのものは
一般的に大きく分けて基本は
JカールCカールと2種類のカールがメインになります。

次に太さは
0.1mm0.15mm 0.2mm 0.25mm・・・
と、4種類ほどあります。



2枚画像ともにシルク、Jカール 太さ0.15mm 長さ11mm





こちらは、Cカール 太さ0.15mm 長さ11mm





いかがでしょう?

そうなんです!
JとかCとかカールの強さは
アルファベッドの文字の弧で表しているのです。


ただメーカーやサロンによっては
カールの表示がIカールだったりRカールだったり
中にはSCカールとかLカールだったり、
同じカールでもカールの弧の強さも微妙に違ったりと
割と自由に製造されています。


また太さも同じく、上記の規格以外にも0.8mmや0.18mmを取り扱っているところもありますね。






では、色はどうでしょう?
普段使いには出番が少ないのですが知識として一応。

この画像でわかりますか~?




こんなビビッドでキレイなものもあれば、
毛先から根元に向かってグラデーションになっているタイプもたまに見かけます。




まだあります。
今度は仮毛の名前についている、
ミンクやらシルクやらについて簡単に説明いたします。


このネーミングだと初めての方には誤解を与えかねないのですが
どれも本物の素材で100%製造していることはないのです。

大体が"○○のような"というもので
さわり心地やツヤに繋がっていたりします。


シルクというのは、仮毛の表面に
まさにケラチン(たんぱく質)でコーティングし
ツヤはあまり出さず自然な見た目です。

ただし、あまりにも安いものだと
とても硬い場合が多いです。

ミンクは結構ツヤツヤで柔らかめ、濡れたような色っぽい仕上がりにしやすいです。

セーブルは柔らかさはあるけれど、ツヤはミンクほどはなく
シルクよりは滑らかと言ったところでしょうか。


ミンクと人毛に関しては
本当に加工して製造した商品を使ったことがあります。

ミンクはまさに毛皮に使うミンクの毛そのもので
人工的なつるんとしたテカテカさはなくしなやかで
全体的に形はビシっと揃っていませんでしたが
それがむしろ自然には見えました。


人毛は0.08mmくらいの超極細な太さで
仮毛の両端がシャプになっているのが特徴的でした。
ちょっと細すぎたのと、どの部位の体毛を使っているかは企業秘密だと言われたため
抵抗あるなーと思ってそれきりです。








-------------------------------
ここでまとめますね。


仮毛の規格については決まりは特に設けられてなく、

・カールの強さ

・仮毛の太さ

・色は黒がメインでカラフルな物もある

・素材も自由で決まりが無い




特記すべきことは

『仮毛とグルーの相性は大切なポイントで、できるだけ同じラインで揃える』

これが理想です。
相性が合わない場合、接着面がもろく持続性に欠けることもありますのでご注意を・・・






⇒では次に長さ太さをどうやって選ぶのか?




続けたいところですけどもまた長々となってしまうので
次回は商材ショップの
フーラストア
さん提供の上のイメージを交えて解説をしていきたいと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました♪



↓記事が面白かったらぜひクリックしお願い致します↓
にほんブログ村 美容ブログ まつげエクステへ
にほんブログ村   
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村   
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



どのスタータキット??

「送料無料」自宅で出来るまつげエクステキット(お試し7点セット)

価格:5,700円
(2013/6/16 04:37時点)
感想(14件)




何事を始めるにもスターターキットというものがありますよね。


だけど一口にスターターキットと言っても
内容が微妙に違ったりして、戸惑うこともあると思います。

そこで前回の記事で学んだことを参考に
スターターキットを選んでみましょう。


そして足りないものがあれば買い足すのがよいでしょう。






 

上記内容は、、、


(1)無刺激!日本産原料100%で安心のセーフティーグルー【低刺激タイプ】

(2)オリジナルミンクタッチシートタイプ
   カール:Jカール
   太 さ:0.15mm
   長 さ:10mm

(3)オリジナルミンクタッチシートタイプ
   カール:Jカール
   太 さ:0.15mm
   長 さ:12mm

(4)下まつげに!バラタイプ
   カール:Jカール
   太 さ:0.15mm
   長 さ:7mm

(5)グループレート クリスタル

(6)ツィーザー ストレート型

(7)まつげエクステ用ファイバーマスカラ ロングタイプ 8ml

(8)まつげエクステ マニュアル vol 1 初級編

(9)まつげ セルフ エクステ テクニック DVD


以上の9点セットです。




割高ですけれどやはり15点セットで無駄はなさそうです。
気になるのはDVDがプロ用というところでしょうか。

【送料無料】【まつげエクステ】OPTIMAシルクセーブルJカールMIXレッスン用限定トライアル豪華15点キット(施術説明書付)

新品価格
¥9,998から
(2013/6/12 12:27時点)




(1)OPTIMAシルクセーブルMIX■Jカール 0.15×8mm~13mm

(2)ヴァージンブラックプロ(サロン業務用10ml低刺激グルー) ※主成分は不明です

(3)クリームリムーバー(20g入り)

(4)まつげエクステ専用 ●国産 ツィーザー(type-N)※1本目のはエクステンションの仮毛をつかむ為に。
(5)まつげエクステ専用 ●国産 ツィーザー(type-N)※2本目は自まつげを選り分ける為に。

(6)医療用サージカルテープ(毛羽立ちにくい不織布タイプ)

(7)マイクロブラシ10本 ※前処理の拭き取りやリムーバーを塗布する時に使います

(8)まつげエクステ用 クリスタル■グルー置き石

(9)前処理化粧水 ※まつげとまつ毛の根元地肌の拭き取りに使います

(10)プロ用スターティングテクニックDVD

(11)オリジナルポーチ

(12)施術マニュアル

(13)3種類別デザイン資料

(14)カウンセリングシート ※コレは不要ですが参考にはなるかもです

(15)スキルアップ装着マニュアル(セルフ向け)





正直用事がないからスターターキットなんて検索したことがなかったので(汗)
数あれどパーフェクトなスターターキットはなかなか売ってないのですね。



上記のどちらのキットも完璧ではありませんが、

・技術的なDVDとマニュアルが付属している

・エクステンションの毛(仮毛といいます)がナチュラルなカールと太さで、
 衛生上理想的なシートタイプがメイン。

・前者はマスカラが付属している(ボリュームが足りない場合のエクステ専用のマスカラ)

・前者はグルー(接着剤)のタイプが明記されている。後者は主成分は不明だが低刺激とのことなので
 おそらく沁みないのではないかと。ただ低刺激だと持続性に欠けるが安全性は高い。

・グルーを出す台がガラスタイプ。よくジェイドなどの天然石でできているものもありますが
 天然石と良くない化学反応を起こすので無機質なガラスがベスト。化学反応を防ぐため何も貼らないで使用。
 水かエタノールに一晩浸してティッシュで拭き取ればグルーは簡単に落ちます。


 と、これらのような利点があります。






じゃあもし私がまつげエクステンションのスターターキットを選ぶとしたら
どのように選ぶのか?


次回はいよいよ実践したいと思います。






最後までお読みいただきありがとうございました♪





↓記事が面白かったらぜひクリックしお願い致します↓
にほんブログ村 美容ブログ まつげエクステへ
にほんブログ村   
にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村   
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村